hararico life

働きながらやりたいことをやるブログ

読書感想

【白銀の墟 玄の月】3・4巻/驍宗と泰麒の話というより兵士が主役の物語。

更新日:

遂に18年ぶりの新作を読了してしまいました…。
読後、もう少し後ろまで物語ってくれー!と思ったけど
それは短編を待て、ということなのか。
待ちましょう。18年待ったんだもの。

泰麒の行動力は
力を失ったからこその人間力

1・2巻に続いて、相変わらず目を瞠る泰麒の冷静さ。
まわりも読者である私も、まだまだ何もできない男の子だ、という
やわやわしたイメージが抜けないなか、
力を失ったからこそ、その代わりとして発揮する
冷静な観察力や洞察力が冴え渡ります。
自分にはできるはずだった事を追い求めるんじゃなく、
今の自分にできる事を精一杯実践していく。
だけじゃなく、本来できるはずのないこともやってのける。
そして自分のために亡くなっていった同級生たちを思う。
あの体験は確実に彼を大人にし、そしてそれを糧に
今を生きてることがわかってじんわりと嬉しい感じ。

琅燦がすごい。

今回、黄朱であることが明かされた琅燦は
ただ天の摂理を知りたい一心で阿選を唆したみたいだけど
李斎のように実際に蓬山での体験無くして
その摂理ある事をうかがい知る、琅燦恐るべし。

あくまでも彼女の尊崇は驍宗にある、
でも王と天と麒麟の関係は知りたい、
だから阿選を唆す?驍宗を危険に晒しても?
この思考は最後まで読んでもちょっと理解できないけど、
「知」を求める彼女にはそれが正義だったんだろうか?
いろいろ腑に落ちないけど、なんかすごいな…。

遂に驍宗が!

そして満を辞して驍宗登場!
なんか考えついても良さそうなところにいたけど
そんな状況で生きてるなんて思わないもんね。
さすが仙なんだけど、普通なら正気を保てないだろうな。
それにしても驍宗の居場所と関連の深い、姉を亡くした貧しい一家は
どうしてお供えをしてたんだろう?何か知ってたのから?
読み飛ばしてしまったかも?

登場人物の「死」についても
責任を負っているように見える作者

驍宗の登場をみて、物語は一気に戦いの様相を呈してきますが
上官の命令が理に反していてもそれが命令ある以上は
心を殺してそれを遂行する、そんな兵士たちの悲哀というしかない心情が
すごく丁寧に描かれていて、それがまた読み手の感情移入を誘う…。
前からそうなんだけど、小野不由美という作家は
物語上発生する名もない人たちの「死」にも責任を背負って書いていて
つくづく生真面目な人だなと思う。(だから18年かかっちゃうのかな笑)
でもそんなところも好きなので、今回もその思いを強くしながら読み進めます。

今作一番泣けた!
友尚が霜元に降るシーン

そんな良くも悪くも「兵士の物語」の今作、一番泣けたシーンがこれ。
阿選麾下の友尚が霜元に捕らえられたのちの二人の会話。
共に主の意向で動く軍人、でもその主の意に納得しての行動か
そうでないかは個々人の人間としての感情に大きな影響がでる…。
自分を騙して業務を遂行する、しかもそれが人の命に関わるなんて
志して兵士をしている人たちには相当苦行だっただろうなと…涙。
続く、霜元に降る事を決めた後の友尚が、自身の部下と話すシーン。
これもヤバイ。部下が口にする、今まで言えなかった思い。
部下を持つって本当に責任を感じなきゃいけないんだな。
明日からの仕事に反映しよう!
…なんてここまで心酔してくれてないだろうけど。笑

ということで、来年の短編集に期待!

最後はお約束、怒涛の展開。
中でもやっぱり泰麒の「異常」な行動力に驚かされた!
まさかそんな行動計画を秘めてたとは!
それもこれもやっぱり、失われた7年間の蓬莱での日々で
彼のために失われた命への責任感が強く働いたと思う。
全ては戴を救うため、でなければそれらの犠牲が無駄に終わる、
それだけはしてはならない!泰麒、よく頑張りました。

物語は一応の完結を得たけど、続編で物語って欲しいことがたくさん!
先生、ぜひ琅燦で1話、よろしくお願いします!

-読書感想
-,

Copyright© hararico life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.