hararico life

働きながらやりたいことをやるブログ

ハンドメイド

【雑なリメイク帖 その3】

更新日:

超お気に入りで買った洋服、
でもワケあってなかなかコーデに登場しない

そんな洋服のひとつやふたつ、眠ってますよね。
私の場合はこのサロペット。


ちょっと懐かしいオーバーオール風の上身頃に、
イマドキ感のあるワイドギャザーパンツ。
色は黒。
カットソーやシャツ、ブラウス、なんでも合わせられて
その日のコーデもサッと決まる、
上からパーカーを羽織ってもいい感じに着られる
まさに時短アイテム。

なぜ着ない?わたしの理由はオールインワンのトイレ問題…

最近のボトムスロング傾向は大好きな路線なので大歓迎なんだけど
トイレの時が大変…じゃないですか?
さらにそれがオールインワンで、その上に重ね着してたりすると、
まずはそれを脱いで、それから…もう面倒なんてもんじゃない。
というわけで、デザインもお気に入りで着たいんだけどなかなか手が出ない。
それなら上下に分けちゃえ!というわけでリメイク開始。

リメイクに感傷は不要!
思い切りが大事!

大きい面積を切るときは裁ちバサミで一刀両断!

まずボトムスになった時の希望の長さを想定。
次に、その長さにウエストになる部分(入れるゴムの幅の2倍)の幅を足して
ハサミを入れる線を書き込む。
一般的にはチャコペンだと思うけど、フリクションもおすすめ。
アイロンかければ綺麗に消えるので。
わたしは雑なので、アイロンで折り目をつけて完了。
印をつけたら裁ちバサミを用意して、うまくできるかな、とか
失敗したらどうしよう、とかの迷いもろともスパッと切る!

切りました。もう後には引けません。

このサロペットはギャザーの始まる部分が緩やかにカーブしているので
ちょっと切りずらかった…。
細部はお見せできない仕上がりなので、
切断部分は写真を撮る前にアイロンで内側に折って隠してます。(笑)

ウエストは雑リメイクの味方、ゴム!

中学の家庭科でスカート作った記憶あります?
わたしはありますが、ベルト芯入れるとかなんだとか
いろいろ難しかったって記憶だけが残ってる…ので
ウエストは当然ゴムです。

黒は見づらいですね

ゴム幅、だいたいこのくらいあれば通るだろうなって目見当で
印も着けずアイロンをかけて行く。
あ、一応ゴムをこの部分にあてて入るかの確認はした!
雑リメイクとは言え、着られないと意味がないので。
ではウエスト部分を縫いまーす。

義母からもらったモノ第2弾!ハンディミシンも雑リメイクと相性◎!

はい、よくテレビ通販でやってるハンディミシンです。
先日、夫実家に行った時に義母からもらったきりだったのを思い出し
今回使ってみることに。
箱から出すとすでに糸が通されて、さらに5cmくらいの布がセットしてある。
布には半円状に縫った跡があり、どうやらこのままお試し縫いができるみたい。
付属品は10色ぐらいのボビンに巻かれた糸、糸通し、糸切りバサミなど。
待ち針とかは付いてない模様。簡単ながら取説もあり。

練習用布を外して早速使用してみる。
ミここでシンを使ったことがあるなら必ず気づくことが。
下糸がない!え?どうやって縫えてるの?
よーく取説を読むと、上糸だけでループを作って縫い合わせているみたい。
取説通りに縫い終わりの処理をしっかりしないと
スルスル解けてしまうので要注意!

ウエスト完成、ではゴムを通します。

当たり前だけど、ゴムをはじめに入れる穴と一周回して出す穴をしっかり確保。
実はミシンに浮かれてザクザク縫ってしまって、
あ、ゴム穴が無いや…という失敗をやらかしてます。わたし雑なので(笑)。

完成!早速試着!

あれ?なんか伝わりずらいけどちゃんとボトムスになってます(汗)
「上半身に黒着たら分からないじゃん!」と夫に指摘されつつ
写真撮ってもらいました。

伝わりずらいけど、これはかなり良いリメイクでした。
おかげでお休みの日の近所のお出かけはこればっかり着ちゃう。
ゴムで楽だし、色は黒だし、ロングだし。

今度は切り離した胸当て部分をどうにか使えないか思案中。
ああ、雑リメイク楽し!

-ハンドメイド
-, , , ,

Copyright© hararico life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.