hararico life

働きながらやりたいことをやるブログ

読書感想

【2019年10月12日】発売日目前!「十二国紀シリーズ」を時系列に解説する

更新日:

時系列で並べてみました

18年待ち続けた「十二国紀」の新刊発売が、いよいよ来週土曜日に迫ってきました!楽しみですねえ。この喜びをなるべく長く味わうたために、イチから読み直そうかと思う筆者ですが、物語を体系的に捉えるためにも、今度は発刊順じゃなくて時系列で読んでみることに。

「十二国紀シリーズ」を時系列で並べ替え

  • 東の海神 西の滄海』延国のお話。
    王と麒麟の出会い、延国の繁栄の礎の物語。
  • 図南の翼』恭国のお話。
    王が誕生するその瞬間をクライマックスとした旅の物語。
  • 風の海 迷宮の岸』戴国のお話。
    シリーズきっての謎多き物語。今回の新刊の原点。
  • 魔性の子』戴国のお話。
    「十二国紀」という名前はつかないが、シリーズ刊行前に出版された。
  • 月の影 影の海』景国のお話。
    このシリーズの主人公とも言うべき少女の物語。シリーズ第1刊。
  • 丕緒の鳥』短編集。
  • 風の万里 黎明の空』景国のお話。
    数奇な運命に翻弄されながら成長していく少女の物語。
  • 華胥の幽夢』短編集。
  • 黄昏の岸 暁の天』主に戴国のお話。
    戴国の麒麟と王。その謎と悲劇が一歩ずつ動き出す…
  • 新刊『白銀の墟 玄の月』戴国のお話。
    1〜4巻刊行のようですので、今度こそ謎を解き明かして欲しい!

ここまで書きながら、いろんなシーンが思い出されて「読みたい心」にますます火がつく…。

そもそもの出会いは北上次郎氏の書評。「ラノベながら秀逸」に惹かれて。

そう、この「十二国紀」は講談社X文庫ホワイトハートから刊行されていました。ラノベということで購入時に多少の躊躇はがあったものの、読み始めればあっという間にその世界観に取り込まれほとんど一気読み。シドニー・シェルダンどころじゃない。その魅力はなんと言っても周到に練られたプロットと端役までしっかりできてる抜群の人物設定。そしてストーリーに破綻がない!あの北上次郎氏が絶賛するわけだ。ネタバレになっちゃうのでこれ以上はやめときます。

時系列で紹介したものの…登場人物を知っていてこその面白さもある

「十二国記シリーズ」は、各国の物語・登場人物がクロスするところも醍醐味。時系列だとそれが楽しみきれないので初読の場合は刊行順が良いかもしれません。
さあ、どこから読みますか??

-読書感想
-, , ,

Copyright© hararico life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.