hararico life

働きながらやりたいことをやるブログ

Photo Photo & Travel お買い物

【SONY α6000】50才目前にしてミラーレス一眼レフカメラを買った時の話

投稿日:

SONY ミラーレス一眼 α6000 ボディ ブラック ILCE-6000 B

こんにちは。はらりこです。

今日は約1年前、割と急にカメラが欲しくなって

清水の舞台から飛び降りてミラーレス一眼を買った時のいきさつ、

どこで買ったか、始めに揃えたものは何か などをご紹介します。

一眼レフって聞いただけで、
自分には無理って思ってた

カメラなんて無理!
難しいんでしょ?
お高いんでしょ?
スマホで充分撮れるから!

わたくし、そう思ってました。
ところがお仕事で少しカメラのことを知り、
なんとなーく「おもしろそうだなぁ」と思い始めた時に
この本に出会ったんですね

F値?絞り?ISO?
もはや何がわからないのかわからない…
が、わかるようになる本!

累計6万部の大ヒット作『カメラはじめます!』。

「F値」?「絞り」?「ISO」?状態の全くのカメラ素人が、
写真家・鈴木知子さんに導かれて自分好みの写真を撮れるようになっていく
その過程がほんとーーーにわかりやすく描いてあります。

即購入、即読了!
読了後すぐ、夫に

「ミラーレス一眼を買おうと思う」

と告白。

返ってきた言葉は

「何を撮るの?なんでミラーレス?なんで一眼?
 コンデジじゃダメなの?」

と畳み掛ける夫。

「ダメなの。ボケ写真を撮りたいから」

ちなみに「ボケ写真」ってピンボケのことじゃなくて、
背景がとろけたようにボケた、ふわっとした写真のことを言ってます。

ネットで調べるも、メーカーだけはSONYに決めてました。
なぜってお仕事でご一緒したことのあるSONYの方の印象が
とてもよかったから!…が50%。
いまミラーレスは買うならSONYって読んだから、が残りの50%。
流行に敏感なんです(笑)

ということで翌日さっそく市場調査へ!

<一眼レフ・ミラーレス・コンデジの違いについて>
ここで3つの違いについてご説明。雑な説明なのでご了承ください。

■一眼レフ■
レンズ交換式。本体内に設置されたミラーに被写体を反射させて、光学式ファインダーで見ながら撮影するカメラ。その分ちょっと重い。

■ミラーレス一眼■
こちらもレンズ交換式だけど、ミラーが必要な光学ファインダーじゃなく電子ビューモニターで被写体を確認する。ミラーがないからミラーレス。コンパクトで軽いものが多い。色の調整、暗い/明るいの調整など、モニターで見られる画像=出来上がり画像なので初心者にすごく優しい。

■コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)■
レンズ交換できないタイプ。とにかくコンパクトであることが重要。だけど最近はマニュアル撮影できる高級なものもある。けどコンパクトではないかな。

カメラ素人はまず実機を見るべし!

まずはカメラのキタムラへ。

キタムラはカメラ好きな店員さんが多くて、話していてとても楽しいお店です。
SONYのカメラで初めて使うなら、ということでα6000を紹介されました。

店員さんが言うには、使い勝手はもちろんだけど、
初心者なら気に入った見た目を選ぶのも同じくらい大事!とのこと。

その心は…一緒に持ち歩くものだから。
ファッションの一部ってわけね。
だからまず、実機を見てみることは大事!

さらに、このダイヤル回しやすいなーとか、
実際に店内を試し撮りして、撮りたい写真の操作を教わるとか
メリットいっぱいですよ。

ターゲットはSONY α6000で決定。
気になるお値段は?

見た目だけで言うなら、FUJIFILMのX-T20もお好みだったんだけど
ちょっと高いなーと回避。実際の姿はこんな感じ。↓

その点、α6000は標準レンズと望遠レンズと本体のセットで90,000円ちょっと。
キタムラの期間限定特別価格で6,000円程度の値引き中。
古いカメラの下取りでさらに値引き。

キタムラの見積金額およそ8万円代中程。ありがとうございます!
店員さんもいい人だし、わたしはこの場で買っちゃおう!と思いましたね。

夫に引き止められ、2軒目コジマ電気へ

脇目も振らずカメラ売り場に。
値札を見るとキタムラより高い…
そこで夫がベテラン感漂う店員さんに

α6000買いたいんだけど、おいくらですか?
ちなみキタムラさんではこの金額でしたけど…

と直球を投げこむ。
金額をメモし、バックヤードに消えるベテラン。
待つことしばし、戻ってきたベテランに告げられた金額は
キタムラを下回ること5,000円くらい。すごい!聞いてみるもんだね!

じゃ、もう1軒行っとく?ということで

3軒目ヤマダ電機!

ちょっと楽しくなってきた!市場調査必要だねー。
というか、これ、今日買っちゃうでしょ!

先ほど同様売り場に直行。
ここにはSONYのベストを着たメーカー営業の販売員さんがいました。
3箇所目であること、他の店舗の値段を報告してさっそく値段交渉。
すごくわかりやすい説明で買う気をそそる!さすがトークがお上手!

バックヤードで確認後、提示されたコジマの金額は最安76,000円!
決めた!買います!
ちなみにどうしてこんなに値引きしてもらえるのか聞いたら
購入した地域は確かに家電量販店が多くて競合が激しいから
買うには穴場の地域ですよ!だそうです…。

買ったー!

帰宅後、さっそくカメラを取り出し色々いじってみる。
取説も読んだけど、わかるようなわからないような。

でもわたしには『カメラはじめます!』の知識がある!
とにかくAモード(絞り優先)で撮れば間違いなし!
実践あるのみ!

折しも季節は夏、その日は我が家のベランダから近くの花火大会が楽しめる日。
記念すべき初撮影は花火!無謀極まりなし!!!
ではご覧ください「初撮影は夜景でした」

すごい手ブレ。シャッターを押す力でブレたのが一目でわかる…。
今ならシャッタースピードとかISOとかの設定も考えて撮れるけど
購入初日のわたしには無理なお話。
なんでこうなるのかさえわからないよー(泣)

「夜景撮影」というモードを発見!撮れたー!

メニューに夜景撮影というのを見つけて
ベランダ柵で腕を固定して何度目かの挑戦。

なかなかいい感じじゃない!
まぐれ?いやカメラの性能です!!
今のカメラってほんとスゴイんです!!!

購入時まとめ

一年前のことなので、色々思い出しつつの記録ですが、
やっぱり手に取って愛着が持てるかどうかって大切だなと。

画像で見た目を気に入っても、持ってみたら思いのほかデカイとか
重いとか、ゴツイとかありますしね。

それと、何を買うときも同じですが、なるべく初見のお店で買わないこと。
何軒か回って、それでも最初が安ければもちろんそこに戻ればいいけど
競合店がひしめく地域なら、最低3店くらい回ることをおすすめします!

カメラってホント楽しいですよ!
それではまた!,,

-Photo, Photo & Travel, お買い物
-, , , , , , , , ,

Copyright© hararico life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.