hararico life

働きながらやりたいことをやるブログ

Photo & Travel

【2019年】秋の北海道観光はニセコの神様のお住まいで心癒される。

更新日:

木道のツタウルシ。秋、来てました。

ニセコにあった神様のお住まい。
そこは神仙沼!

ニセコパノラマラインの麓から車で登ること30分。ネイチャーガイドさんの案内で神仙沼へ行ってきました。結論から言います。いやいやキレイですわ…。
駐車場は広々してキレイな感じ。そこから細めの道を挟んだ向こう側は、一面笹が茂って見通せません。その中に神仙沼の看板。え、ここ?ってくらいの狭めな入り口です。

神仙沼までは木道を行きます。安心…。

道がぬかるんでたら嫌だなー、とか実はちょっと思ってた軟弱な私。大丈夫です。オール木道でした!安心。しかしその木道、両脇から攻めてくる笹やら松やらですっかり狭くなってます。しかも下からも植物が出てきて、木道の一部が壊れちゃってますけど。ガイドさん曰く「すごくキレイになって喜んでたんだけど、あっという間にこんな感じになっちゃいましたね」だそうです。植物の太陽を求める力ってすごい…。しかし自然界にはもっと上がいます。それは雪。木道脇の松がほぼ水平に伸びているので、またまたガイドさんに聞いてみました。これはどうしてですか??「これは雪の重みで木が上に伸びることができなかったんです」。雪、すごい。


積丹半島、泊原発も見れる展望台

藪に押され気味の木道を歩き続けると、不意に開けたところに。うわー海だ!すごいキレイ!あれは積丹半島ですとガイドさん。手前の建物が泊原だって。これも海辺にあるんですね…複雑。

ついに藪を脱出!うわ…天国??

急に開けたそこは、周りを松に囲まれた何とも美しい湿原。まだ紅葉が進んでいないのが残念。ところどころにある葉っぱの浮いた水面。キラキラ光る草原。その真ん中を曲がりながら貫いていく木道、青空、太陽…。言葉を失う美しさでした。平日だったこともあり、観光客もまばら。鳥の声しか聞こえてない。これは仙人じゃなくても住みたくなる!ていうか住みたくなりました。無理だけど。

真打!神仙沼をどうぞ!

見惚れます。座り込んで見惚れている方もちらほら。本当にずーっとここにいられるって思える場所です。この日は風もなく水面が穏やかで、ガイドさんも「今日はキレイ」というつぶやきを連発。今日は当たりです!と言っていただきました。帰る決断がなかなかできず、後ろ髪を引かれる思いで駐車場へ戻りました。

おまけ。自衛隊はどこかに消えて行った

自衛隊のみなさん。すごく感じが良い。

木道をゆっくり歩いていると、後ろから自衛隊の皆さんが。道を譲ると爽やかな笑顔で「こんにちは」「ありがとうございます」と言いながらどこかに消えていきました。どこに行ったんだろう??それはさておき。今頃紅葉が進んでもっとキレイだろうなぁ。また行きたい。みなさんも秋旅行にいかがでしょう。

A3サイズの大伸ばしプリントが出来るフォトアルバム「フジフォトアルバム」

-Photo & Travel
-, ,

Copyright© hararico life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.