hararico life

働きながらやりたいことをやるブログ

Photo

1973年製造PENTAX SPFを一年間使って。PART3

更新日:

ポンコツ旦那からのご挨拶。

なぜか。日増しに増え続けるポンコツカメラに部屋が占領されつつあるポンコツ旦那です。一年前に体験したままのニュアンスで、なるべく詳細にお伝えしたいと思っていますので、話の展開が遅いかもしれません。ど素人の主観満載ですが、困っている方などのお役に立てれば幸いです。正直な話。文章を書くのは苦手ですが、これでもがんばって書いていると、本人は思っております(笑)。

Neewer 77MM NDフィルターキット(ND2 ND4 ND8)+クリーニングクロース CANON EF 24-105mm f/4 L IS USMズームレンズ・NIKON 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR II AF-Sズームレンズに対応

SPFを見比べて分かったこと。

ヤフオクで購入したTAKUMAR 50mm F1.4とオマケのSPF(2号機)を見る。キャップを外してレンズを覗くとクリアーだが、黄色いフィルターがかかっているような色味。(後で知ることになりますがトリウムレンズです。)レンズの色味に関しては、ちょっと残念な感じ。まあ、ヤフオクでジャンク扱いだったし、使えればいい。次は動作の確認。距離環や絞り環の動きも滑らか。へえ、こんなに滑らかに動くんだ。SPF(1号機)の55mmは距離環はスカスカ、絞り環はガチャガチャした感触だ。さらにレンズの先端フレームが歪んでフィルターは付けられない。50mmレンズは外観も含めて良い買い物だったと思う。見た目は55mmとほぼ同じでやや太いくらい、手に持った感じが少し重い。次はオマケのSPF(2号機)。すこし汚れているが傷のない美品だ。ファインダーを覗くと真っ暗だった。ミラーが無い。抜き取られた?(この時は知りませんがミラーアップの状態です。)と軽く考え、続いて動作の確認。操作感は素人感覚だが機械として、精度がしっかりしている印象。超ど素人の感覚だがSPF(1号機)と比べると、シャッターボタンの弾力性、巻き上げ、巻き戻し、裏蓋の開閉、セルフタイマー、各部が良好な感じだった。露出計はファインダーが暗いため確認できなかった。SPF(1号機)は各動作がゆるいというか全体的に疲れてる感じ。セルフタイマーのボタンも固着して動かない。塗装ハゲや傷が多く凹みもある。さらに裏蓋を止める蝶番は歪んでいて、微妙にずれて普通には締まらない。裏蓋に守られているはずの内部の骨格までも歪んでいる。落としたのか? しっかり動作するSPF(2号機)と比べ、いつ逝ってもおかしくないSPF(1号機)が不安になる。もしも、予備機としてSPF(2号機)が使えるようになれば。。。今度、メンテナンスのサイトも調べてみよう。しかし、SPF(1号機)は仕事で使われて、酷使されたはずだが良く動いてるな。

SPF(1号機)。内部の骨格まで歪むとは、このカメラをどのくらいの高さから落としたのでしょうか? これほどのダメージを受けて製造から40年以上。おそらくノーメンテナンス。露出計も動作して普通に写真が撮れます。昭和の工業製品は頑丈ですね。

妻のレンズに。

実はこの頃。D3400にTAKUMARを装着して撮影を楽しんでいた。M42変換アダプター(Fマウント用・補正レンズ付)を介して装着が可能なことを少し前に知った。まだまだ思うようには撮れないが、オールドレンズの雰囲気が面白い。露出も勉強になるので、いずれSPFの露出計が壊れても体感露出で撮れるようになればいいなと思っていた。そんな時にTAKUMAR 50mm F1.4を購入したのだがD3400では装着できなかった。後玉と絞り連動レバーの両方がアダプターの補正レンズに干渉して、無限遠と絞り動作が不能になるからだ(フランジバックの問題)。SPFで使用できるのだが、少し明るいくらいで55mmとほぼ変わらない。どうせならと妻のカメラに着けてみることを話してみる。妻のカメラはソニーα6000ミラーレス機。サイトではミラーレスとオールドレンズは相性がいいと書かれていた。そして、アダプターが700円(NEEWER製。参考価格1.199円。当時キャンペーン中で安かったです。)と安価なこともあり、妻も使う気になった。アマゾンで購入したのだが、中国製品のため2~3週間ほど日にちがかかった。届いたM42変換アダプター(Eマウント用・補正レンズ無し)を付けてみる。レンズの絞りレバーがアダプターと干渉して装着できない。レバーとアダプターの干渉する部分を鉄のヤスリで削ってみる。700円だし。加工後に無事に装着できた。α6000の取説とサイトの情報を見ながらオールドレンズ用に設定を変更する。なんとか設定が完了。操作しても問題なく動く。そして、ミラーレス機との相性を実感した。電子ファインダーの見やすさ、写真の仕上がりがリアルタイムにファインダーでわかること、絞り優先モードが使えること、ピントがあった箇所が赤く光る(ピーキング機能)。α6000は充実機能でバッチリ。D3400が少し霞んで見えてしまった。しかし、妻が喜んでいたのが嬉しかった。他のTAKUMARシリーズ も試してみようと、その後2人で試してみた。

妻のα6000です。ダブルレンズキットで購入しました。ブログ当初にも書きましたが、筆者がカメラに興味をもったきっかけとなりました。たまに借りてTAKUMARを使うたび、相性の良さを感します。α6000は小型で軽いので人気があるのも納得できます。妻がお気に入りのレザーケースを付けています。ストラップもかわいいですね。

増えるカメラとレンズたちの行方。

SPF(1号機)を譲られて2ヶ月半。ヤフオクを見ているとレンズを購入してしまう。これがレンズ沼なのか? 今回は結構な出費になってしまった。SMC TAKUMRA 50mm F4 MACROと135mm F2.5(フード付)、あとはオマケ(自分的には)でSPとSUPERA TAKUMRA 55mm F1.8(SMCではない旧タイプ)、当時のUVフィルター、レンズケース、カメラケース、カメラバック、ストロボ。まとめて1万7000円。入札の時は高額なのでドキドキしてしまった。一週間後に商品が届いた。最近、頻繁にヤフオクで古いカメラ等を購入するたびに思うことがある。届いた箱を開けた時の古い家のような特有な匂い。祖父の家を思い出すな。懐かしい。SMCの2本はレンズにカビや傷がなく、外観にも傷ひとつない。距離環も滑らか。絞り環を回した時の“チャッ チャッ チャッ”と言う小気味いい感触が、ちょっと上品な感じがする。この2本を狙っていたので、とりあえず安心した。次はSPとSUPERA TAKUMRA 55mm。SPの動作が思った以上に良く、シャッター音が軽快。ファインダーに少しチリはあるが支障はなさそう。露出計も動作した(電池を調べてLR41をコンビニで購入)。このSPはSPFより、古いはずなのに使えそうなので迷う。SUPERA TAKUMRA 55mmをD3400で使いたかったのでSPはあまり必要性がなかった。う~ん。とりあえず飾っておくか? まずは妻が使うか伺ってみる。彼女としては「重い」「使い方が難しそう」「デザインは意外とかわいい」が概ねの感想だった。見た目の印象は良いのか? 「たまに気分転換程度なら」ということで話はまとまった。早速、妻専用のSPを念入りに掃除する。クロームが青白く輝いてる。すごく綺麗なんですけど。。。(SPFよりも...)。綺麗になったSPを手に取り、妻が操作を聞いてきた。良かった。2人でフィルムカメラも悪くないな。オマケで付いてきたカメラバックは防湿庫代わりに使うつもりだった(使い方が間違っています)。中の緩衝材が寿命のようで、指でこするとポロポロと剥がれる。掃除機で吸い込んだら綺麗になった。カメラバックのデザインは古いので外には持ち出せないが、ディスプレイ&収納として第2の人生を我が家で送ってもらう。部屋のインテリアとしては意外と悪くない。

ヤフオクで購入した中では一番の高額落札でした。いろいろとセットでしたのでお得でした。この写真にはありませんが、ストロボも付属していました。動作しなかったため分解の練習にバラバラにしてみましたが、修復不能となりました。KAKO製だったと思います。SPのストラップは明るいキャメル系に変更してます。
妻のSPです。プリズムとファインダーが恐ろしく綺麗です、軽快な巻き上げとシャッター音はSPFより好きです。何度か使用していますが、なかなかのものです。
カメラバックです。中央の桜の紋章の下にEXPO70と表記されていました。1970年の大阪万博が開催されていた時の物でしょうか? 貴重ですね。実は、一度レンズを入れて外に持ち出そうとしましたが、恥ずかしいと妻に止められました(笑)。購入当初、カメラバックを保管庫代わりに使用していましたが、今では防湿庫上のインテリアです。

東洋リビング オートクリーンドライ 防湿庫 77L ブラック ED-80CATP(B)

こんな感じに収納していました。レンズ6本とカメラが収納できます。もとの古い仕切りが付いていましたが、自分でオリジナルの仕切りを製作しました。材料はダンボールと古いポロシャツです。写真では見えにくいですが、入れ方次第で有効に使えるように、右側手前の仕切りを可動式にしています。
今は、ディスプレイ&収納として使っています。普段は防湿庫の上に置いています。カメラやレンズを取り出した際にフード類も合わせてチョイスできるので便利です。

【検証】  K&F Concept M42変換アダプター Fマウント

レンズ:SMC TAKUMAR(M42)

○使用可能なレンズ。

・SMC 28mmF3.5

・SMC 35mmF3.5

・SMC 55mmF1.8

・SMC 135mmF3.5

・SMC 200mmF4

!ر使用不可なレンズ。

・SMC 50mmF1.4

 後玉・絞り連動レバーがアダプターの補正レンズに干渉。

 無限遠不能。絞り動作不能。

・SMC 50mmF4マクロ

・SMC 135mmF2.5

・SMC 300mmF4

 絞り連動レバーがアダプターに干渉。絞り動作不能。

 当時、手元にあったレンズのみで検証。
 現在D3400が手元にないため再検証は不可。

写真のような派手な光線が出る場合や、逆光とは関係なく靄のような光が中心に出たりしました(常に光が出るわけではありません)。想定外の写真になることもあるので面白かったです。ブログのトップの画像はこのアダプターで撮影しています。

-Photo
-, , , , ,

Copyright© hararico life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.